100万円あったら欲しいもの・私の経験と口コミまとめ

100万円あったら欲しいもの そんなふうに思います。私だってそうです・・・

・ “漠然と老後について考えた時です。ネットやテレビでは「さ将来の年金はどんどん減ってしまい、年金だけでは暮らせない」「普通の生活を送るには3000万は必要」「年金以外に地震で貯蓄しないといけない」など。

見えない将来の不安感はありますから、少しずつやってみようと思いました。”
・ 社会人になって数年経過したにも関わらず、貯金の金額が少なかったため。

100万円あったら欲しいもの ってないでしょうか。家族に話せることと話せないことってあるでしょ?お金の相談なんてとてもできないんやけど。
間違っても友人に頼るのは避けたほうが無難でしょうね。金の切れ目は縁の切れ目になりかねませんから。
お金貸してほしいって言われた側は結構ショックを受けるはずですからね。

今回は、 100万円あったら欲しいもの というあなたに役立つ体験談と解決策をお伝えしたいと思います。

あなたは本当に緊急で、すぐにでも現金を用意する必要があるのでは?

まずは結論!この3つの方法が即金に効果があると私は考えています。
NO. 対処法 オススメ度
1 質屋を利用する ★★☆☆☆
2 なるべく頼みたくはないが、親族を頼る ★★★☆☆
3 一時的にカードローンを利用する ★★★★★

カードローン、借金、リボ払い・・・確かにイメージが悪いと言われればそこまでですが。

虫歯になるのが怖いからチョコレートはやめておこう・・・って思うの心情と同じで、しっかりケアすれば虫歯にはなりません。
カードローンも同じで返済計画を立てれればそれほど怖いものではありません。利用の仕方さえ間違えなければ、即日現金を得る手段としては質屋よりも優秀。
ただし、返済計画立てれないとカードローンは怖いです。
ご利用は計画的になんて無責任なこと私は言えませんから。一時的な手段として捉えておいてくださいね。

カードローンを利用して計画的に返済した後は節約してしっかりお金を残すのが近道だと思っています。生活費の固定費は何かしら削れる部分はありますからね。

100万円あったら欲しいもの ・人の数だけ悩みがあります

お悩み紹介していきますね。 100万円あったら欲しいもの どんな悩みを抱えているのでしょうか。実際の事例を紹介していきたいと思います。

100万円を貸すかどうか迷ってます。職場の同僚が、毎月4万を30回払いで貸して欲しいと言ってきました。人間性はそこそこ信用できる方だと思います。職場では責任者をやるような人間です。完済まで2年6か月で120万になって返ってきます。皆さんなら貸しますか?貸しませんか?

回答は下記のような感じですね。

職場や家庭でのお金のトラブルを多数見てきました。どんな理由があるにせよ、貸さないほうがいいです。貸した場合は、返ってこないと思ったほうがいい。100万→120万か、100万→0になるかの賭けです。

一時凌ぎとしてカードローンを利用するのも一つの手ですね。でもカードローンやリボ払い、借金に抵抗がありませんか?
でもカードローンやリボ払い、借金になんとなく抵抗はありませんか・・・?

でもカードローンやリボ払い、借金に抵抗がある・・・怖いんですけど・・・
というあなたに私がお勧めしたい方法があります。

メリット:実践することで固定費を抑えることができます。つまり自然とお金が貯めやすい習慣をつけるということ
デメリット:正直なところ即金性は低いです。でもじっくり貯めれます。

100万円あったら欲しいもの ・おすすめの解決策①

結論です! “公共料金はクレジットカード払いにする事で、毎月ポイントが貯まります。

貯蓄は日々使うもの以外はネットバンク口座を開設し、余ったお金や財布の小銭を入金。下ろしづらい環境を作る事をしました。(キャッシュカードを家に置きっぱなしにすればいざという時も使えないし、普段目にしないのでいつのまにか貯まっている)

生活費は下ろすときは必ず千円札を10枚混ぜて下ろし、全額財布にいれるのではなく、いくらか決まった額を家に置いておき、財布の中のお金を使い切ったら家に置いたお金を使う事でで減って行く感覚を目の当たりにします。

商品の底値を知る事です。調味料などすぐに買わなくてもいいものは半分を切ったくらいから買い物に行くたびに見て特売日に買います。POPは必ずしも安い時にアピールしているわけではないことに気づきました。”

買い物に行く日を決めて何となくいかないこと、ハシゴの買い物は余計なものを買ってしまうので、それよりかは日々よく使うものくらいは値段の把握をしておく事で、ハシゴする労力、買い物しすぎて重たい荷物を運ぶ など減らせることがあります。

効果ないなら時間の無駄?・・・心配しないで!効き目あります

“上記のお金の使い方は効果がありました。減って行く感覚を身につける事で、今月は減るペース早いな とかわかるからです。貯蓄の額を一定時期見ない事で、確認した時のワクワク感を楽しみます。

多い月は5000円余らせたこともあります。”

“貯めなきゃ!節約しなきゃ!と息巻くのではなく、ゲーム感覚のようにゆるくやった方がいいと思います。

いつもより安く買えたらやったね!と嬉しくなるし、いつのまにかたまったポイントで+αの買い物ができます。

節約を通り越してケチケチ生活になると心が荒んできます。なんでも楽しみながらやることが大切だと思います。今月はうまく節約できなかった、なんでかな?と分析して次に繋げればいいと思いますよ。”

100万円あったら欲しいもの ・万人にお勧めする解決策②

結論を述べていきますよ!
携帯電話のキャリアをソフトバンクから格安SIMの楽天モバイルに変更し、通信費を節約しました。
大手キャリアに比べると楽天モバイルは通信の速度が遅いので、外出先でサイトを見るときに見たいWEBページが開かずにイライラすることがありました。そこは割り切って本を読むなどして過ごしました。

お金が貯まるのはわかった!でも、実際の節約額が気になるんですが

毎月8000円近く支払っていた通信費が3000円まで下げられ、月に5000円節約できました。通信費は楽天ポイントでも支払いができるので、ある程度ポイントがたまっていればポイント払いもでき、さらに節約が可能になりました。

目的を達成するためにお金が必要なあなたに私が伝えられること!

毎月、貯金する金額を別の口座に移して残った金額で生活することを意識すればいいと思います。できれば少し多めの金額を移して、どうしても生活費等が足りなくなったときにお金を移した口座から少しお金おろして使うようにすれば、月単位の目標金額の貯金は達成できると思います。

コメント